BLOG&NEWS | 福岡市東区にある自然豊かな国営公園

BLOG&NEWS

BLOG&NEWS 詳細

公園見守り隊in森の池

ボランティアブログ

2020年06月28日

公園登録ボランティア「うみなかフレンズ」の1グループである「公園見守り隊」は、園内をお客様目線で点検&ゴミ拾い、その場でやれる簡単な修繕ならやる、という活動を行っています。

今回は新しくオープンした「森の池」エリアを見回ってもらいました。

光と風の広場口に集合し、森の池まで距離があるので自転車で出発。

森の池の博多湾側のベンチが草で埋もれていました。雑草抑制のウッドチップも何のそので、草が伸びるのが早いです…。

カマがあるなら刈るよ、とボランティアさん。あいにく持っておりませんでしたが、ありがとうございます。やっておきます。


森の池の駐輪場。「駐輪場の表示がないから。初めての方はちょっとわかりにくいかも。」確かに!

こちらはビジター拠点。ベンチの上にマツボックリがたくさん。

「お客様かな?外しちゃう?」と近くで見てみると、ある文字が・・・。

うれしかったので、そのままにしておきました。

松林には風に乗って飛んできたゴミが。目のいいボランティアさんが、みつけてサッと拾ってくれます。

「このチップの山はなに?」とボランティアさん。実はコレ、消火用の貯水槽なのです。利活用拠点に移動式ポンプがあり、万が一に備えてます。

雨がたくさん降るとあらわれるかもしれない「幻の池」。昨日の雨で出たかな?とボランティアさんたちも気になっていたようですが、残念ながら出てませんでした。小さい水たまりがあったぐらい。幻の水たまり・・・?

以前幻の池が出たときの様子はこちらのページをご参照ください。参照ページ

公園見守り隊、こんな感じで毎月1回活動しています。
年に1回はシーサイドヒルシオヤ周りの松林のゴミ拾いなども行っています!

  • 次の記事
  • 前の記事

BLOG&NEWS 一覧へ戻る