BLOG&NEWS | 福岡市東区にある自然豊かな国営公園

BLOG&NEWS

BLOG&NEWS 詳細

プチボランティア『森の池の樹名版づくり』開催しました!

ボランティアブログ

2020年08月14日

皆さんこんにちは!ボランティア担当スタッフのAです(^^)

突然ですが、『樹名板(じゅめいばん)』ってご存知ですか?
樹名板とは、その名の通り、木の名前を書いたプレートで、お客様に園内の木の名前を知っていただくために設置しています。
樹名板は我々スタッフが作ったり、時折ボランティアを募集して作っていただいたりしています。
今回は、先日8月2日(日)に実施したプチボランティア『森の池の樹名板づくり』の活動の様子をご紹介します。

当初は森の池の「利活用拠点」で行う予定でしたが、7月の大雨による冠水の影響により全面立入禁止に…(TT)
お隣の環境共生の森の「里の家」に場所を変更して実施しました。

海の中道海浜公園では、だれでも気軽に参加できる『プチボランティア』活動を毎月1~2回 開催しています。
活動内容は、開催日によってさまざまで、ゴミ拾いや草刈り、マツ林の管理、工作材料の準備などなど・・・
「ボランティアで何かしたいけど、どのようにすればいいの?」「気楽にボランティアをしてみたいなぁ」というボランティア初心者の方におすすめです。

 

先ほどもお伝えしたとおり、今回のプチボランティアでは、今年オープンした新エリア『森の池』の樹名版づくりをお手伝いいただきました。
まずは、木材のカットとペンキ塗り作業です。皆さん初めての方ばかりでしたが、塗りの仕上がりがとてもきれい!

次は、森の池エリアの中で見られる木や植物の名前を書く作業です。
森の池エリアの中で一番長い樹名「フランスカイガンショウ」にチャレンジ中!
茶色に着色した板に、白いペンキで文字を書きました。

また、夏から秋にかけて咲く「ママコナ」と言うお花の名札も作成してみました♪
こちらはイラスト付き。皆さんとっても絵がお上手です!

ちなみに、ママコナはこんなお花です。ピンク色でかわいらしいですよ。
森の池のサイクリング園路のそばでご覧頂けますので、エリアが再開したらぜひ探してみてください♪

最後は実際に森の池エリアに行って、作成した樹名版を取り付けてみました。
(森の池エリアは全面閉鎖中でしたが、スタッフ同行のもと、ボランティア活動として特別にお入りいただきました)
こんな感じで、少しずつ樹名板を増やしていく予定です。

ご参加いただいたボランティアの皆さま、ありがとうございました!

まだ全面閉鎖中の森の池エリアですが、園路の水もだいぶ引きました。まだ水が残る園路もあり、安全確認中です。
エリア再開まで、しばしお待ちください♪再開したら、「幻の池」もご覧いただけると思います~
 

次回のプチボランティアは8月19日(水)に「森の草刈り」を行います。
ご興味のある方は、下記イベントページをご覧ください。

◎8/19(水)プチボランティア「森の草刈り」

  • 次の記事
  • 前の記事

BLOG&NEWS 一覧へ戻る