BLOG&NEWS | 福岡市東区にある自然豊かな国営公園

BLOG&NEWS

BLOG&NEWS 詳細

まんまるコキア、すくすく成長!

プレスリリース

2019年08月20日

海の中道海浜公園の花の丘では、5,000株の緑色コキアが、見ごろを迎えています。

直径40cmのまるまるとしたフォルムがカワイイと評判ですが、昨年より大幅に数を増やし、広大なスケールでお楽しみいただけます。

さわやかなライムグリーンの姿を見られるのは、夏の暑い時期だけです。9月下旬から徐々に色づき、10月には真っ赤な姿に染まります。

※撮影日8月12日(月)

 

◆コキアについて

ヒユ科の一年草で、和名では、箒木(ホウキギ)、ほうき草と呼ばれています。かつてこの草でほうきをつくっていたことからその名がついています。

現在は、鮮やかな緑色ですが、9月下旬より徐々に色づき始め、10月上旬~中旬には真っ赤に色づく美しい姿を楽しむことができます。

また海の中道海浜公園で植えているのは、観賞(園芸)用のコキアですが、秋田の名産品で有名な「とんぶり」は、コキアの実を加工したものです。

実は食用に、枯れた茎はほうきに・・と実用的な植物として昔から親しまれています。

 

▼去年のコキアの紅葉の様子(参考)

・9月22日撮影

・10月7日撮影

・10月14日撮影

・10月20日撮影

・10月28日撮影

10月下旬になると、真っ赤な紅葉から枯れた茶色の色合いに変わっていきます。

 

詳しい情報は、リリース資料をご覧ください。

8月20日付まんまるコキア、すくすく成長!【PDF:1MB】

 

BLOG&NEWS 一覧へ戻る