BLOG&NEWS | 福岡市東区にある自然豊かな国営公園

BLOG&NEWS

BLOG&NEWS 詳細

「みんなで観察!カスミサンショウウオの世界」イベントレポート

公園ブログ

2020年08月14日

8月8日に、水族館マリンワールドさんとのコラボイベント「みんなで観察!カスミサンショウウオの世界」を実施しました。

マリンワールド海の中道やECO動物海洋専門学校との連携で、福岡県の絶滅危惧II類である両生類「カスミサンショウウオ」を公園で保全する取り組みを行ってきました。
もともと園内にカスミサンショウウオはいませんが、公園の近くで生息するカスミサンショウウオをDNA鑑定し、園内の環境で育てています。このような取り組みを「域外保全」というそうです。

子どもたちに生きものについて関心を持ってもらえるように、また数が減ってきている生きものがいることを知ってもらために、今回、観察会を実施しました。

まずは園内の秘密の場所で、カスミサンショウウオ探し。どんな環境にいるのか、どんなものを食べているのか、実際に保護している現場を観察してもらいました。

一旦休憩をはさんでから、別のエリアで生きもの探し。
高学年の子達には胴長もはいてもらいました。みんな似合ってるよ♪

ヤゴや、メダカ、ハイイロゲンゴロウ、マツモムシなどが見つかりました。
ここのメダカは残念ながらヒメダカという品種改良されたメダカが混じってしまっています。
誰かが放したのか由来は定かではありませんが、自然にいるメダカとはDNAが違ってしまっているとのことです。
自然いるメダカも今、数が減ってきています。
ペットショップで購入した生きものも、最後まで面倒を見てあげてくださいね♪
飼えなくなったからといって自然の川や池に放すのはよくありません。
 

室内に戻って、捕まえた生きものを観察しました。小さい水生昆虫もどんな動きをするのか眺めるだけでもたのしいですね!

マリンワールドのスタッフさんの詳しい解説で、公園スタッフも勉強になりました。
参加者の方からはいろんな質問もでて、とても熱心でした。

今回の観察会で、生きものとの付き合い方について考えてもらうきっかけになればうれしいです。

カスミサンショウウオはヒミツの場所にいるため園内ではご覧いただけませんが、マリンワールド海の中道で常設展示されていますので、かわいらしい姿を見たい方は水族館へどうぞ♪

  • 次の記事
  • 前の記事

BLOG&NEWS 一覧へ戻る