BLOG&NEWS | 福岡市東区にある自然豊かな国営公園

BLOG&NEWS

BLOG&NEWS 詳細

ヒツジとヤギの毛の違い

動物の森ブログ

2020年10月19日

気温の変化が激しい日が続いております。

皆様は気温の変化に悩まされていませんか。

体調は良好でしょうか。

私も、あれだけ寒かったのに、昼になると暑い…と悩まされている日々が続いています。

しかし、動物の森の動物たちはなんのそのといった感じです。

さて、今回はヒツジエリアにいるヒツジたちと同居しているトカラヤギの毛について

紹介させていただこうと思います。

まずは愛嬌たっぷりでモコモコのヒツジから紹介します。

このヒツジたち、8月の暑い日を乗り越えるために

ここまで刈ったのに

今ではこんなにモコモコになりました。

毛の伸びる速度が速いのでしょうか。

私が触ってみた感じだと

指の第一関節は軽く入ってしまうくらい伸びてきていました。

ヒツジの毛は1本1本が油でコーティングされています。

なので、保温性に優れており、雨水もはじくようになっています。

その代わり、毛は抜けずに一生生え続けるという欠点があり、

夏場は体温と気温で熱中症になるリスクが大幅に高くなってしまうんです。

では、トカラヤギの毛はどうなっているのでしょうか。

トカラヤギは見た目ではあまり分かりづらいですが

体の毛が夏は短い毛に

冬になると長い毛に生え変わる換毛期が存在します。

その長い毛の中にヒツジのようにモコモコした短い毛が入っています。

この換毛によって冬を乗り越えていきます。

ちなみにですが、口元にある長いひげは換毛期に生え変わるようなことはありません。

このようにヤギとヒツジで近縁の種でも体の毛はまったく違うんです。

皆様もまだまだ昼は暖かいのでヒツジとヤギの違いだけでなく

今しか見れない動物の森の動物たちを見に来てください。

  • 次の記事
  • 前の記事

BLOG&NEWS 一覧へ戻る