BLOG&NEWS | 福岡市東区にある自然豊かな国営公園

BLOG&NEWS

BLOG&NEWS 詳細

11月21日「プチボランティア~松林のお手入れ~」ボランティア活動レポート!

ボランティアブログ

2020年11月23日

みなさんこんにちは!ボランティア担当のAです(^^)
今回は、11月21日(土)に開催した「プチボランティア~松林のお手入れ」の活動の様子をご紹介します!

まずは、環境共生の森にある里の家にて、松林の役割や保全活動、作業内容の説明からスタート!
人々の生活にとってなぜ松林が必要なのか?なぜ松林のお手入れが必要なのか?などについてお話をしました。

お話を聞いたら、ボランティア活動開始!
今回は3班に分かれ、森の池の園路沿いに落ちている枝や松ぼっくりを拾いながら、里の家から森の池利活用拠点を目指して歩きました。

大人チームは担当は落ち枝拾いです。
森の池エリアにあるクロマツなどの枝を拾って、リヤカーに積んでいきます。

木の名前を記した「樹名版(じゅめいばん)」の取り付け作業も行ってもらいました。
こちらはクスノキです。森の池エリアを散策される際はぜひ探してみてください。

こちらはファミリーチーム。小さいお子さんには、松ぼっくり拾いのお手伝いをしていただきました。
クロマツ以外にも、サイズの大きなフランスカイガンショウの松ぼっくりも拾ってもらいました。

作業をしながら、利活用拠点に到着!
早く到着した班から、前もって集めて積んでおいた木々を葉っぱと幹枝に分ける作業をしました。

実は、この仕分けした枝や葉っぱを使って、11/22(日)にバイオネストを作成してみました!
バイオネストとは、落ち枝や折れ枝を活用する腐葉土作りの方法で、様々な生き物(幼虫など)の住処としても機能します。
巣のような形をしているのでバイオネストと呼ばれています。
作成したバイオネストが、どのように変化していくのか?どんな生き物が住み着いてくれるか?今から楽しみです(^^)

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!
12月は「ゴミ拾い」と「森の間伐」を予定しております。
ご興味ある方は、下記リンクをご覧ください。

★12/10(木)「プチボランティア~森の池エリア県道フェンス沿いのゴミ拾い~」
https://uminaka-park.jp/event/event559.html

★12/16(水)「プチボランティア~森の間伐&下枝切り~」
https://uminaka-park.jp/event/event560.html

  • 次の記事
  • 前の記事

BLOG&NEWS 一覧へ戻る