BLOG&NEWS | 福岡市東区にある自然豊かな国営公園

BLOG&NEWS

BLOG&NEWS 詳細

水鳥たち、ただいま「ステイホーム」中です

動物の森ブログ

2020年12月08日

11月に福岡県の養鶏場で鳥インフルエンザが発生しました。

 

公園HPでもお知らせしていますとおり、当園でも鳥インフルエンザ対策として、一部の鳥たちの展示を中止しております。

 

 

動物の森の正門入り口の池は、現在水がほとんど抜かれご覧のとおり…閑散としております。

 

お客様を出迎えていたコブハクチョウたちも、野生のカモたちの姿もありません。

 

鳥たちはどこへ行っちゃったの?と言いますと、公園内の屋内飼育施設に引越ししました。

(野生の鳥たちは他所の池へ飛んで行ったようです)

 

 

公園内には展示場以外の場所に、特別な飼育場所があります。

ここは感染症が流行した時や、新しい動物がやってきた時などに、園内の動物と分けて体調管理を行うための大型屋内飼育場です。

 

 

いわば、鳥たちの「ステイホーム」。

野鳥との接触を避けるため、放し飼いにしている鳥たちは、しばらく我慢の自粛生活となりました。

 

外出自粛生活、ではありますが、飼育場内は水鳥のなかまが一同に会してとっても賑やか!

程なくして、鳥たちは新居に馴れてくれたようです。

 

コブハクチョウの家族は、新居に移っても一致団結。早速大型プール周辺に居場所を確保しました。

 

普段はそれぞれのテリトリーで分かれて暮らしているエジプトガンたちは、

久しぶりにみんなが顔を合わせたので大はしゃぎ(笑)。

 

いつも一緒に行動している3羽のサカツラガンは、仲良く新居を探索しています。

 

この機会に、体調管理のじっくり個別指導!!

水鳥たちが再び元気な姿で園内をお散歩できる日まで、私たちスタッフも頑張ります!!

  • 次の記事
  • 前の記事

BLOG&NEWS 一覧へ戻る