BLOG&NEWS | 福岡市東区にある自然豊かな国営公園

BLOG&NEWS

BLOG&NEWS 詳細

12月10日「プチボランティア~森の池エリア県道フェンス沿いの清掃活動~」ボランティア活動レポート!

ボランティアブログ

2020年12月12日

みなさんこんにちは!ボランティア担当のAです(^^)
12月10日(木)に「プチボランティア」を開催しました!今回は森の池エリア県道フェンス沿いの清掃活動です。

作業エリアは、皆さんが公園や志賀島に向かう際に通る県道59号線の公園側フェンス沿いです。
フェンスの内側は、今年5月にオープンした「森の池」エリアという場所で、クロマツ林と白い砂が創り出す海の中道ならでは風景が広がっています。
普段、人通りはそこまで多くないですが、よく見てみるといろいろなゴミが落ちています・・・。
実は2年前にも同様の活動を行いました。そのときは、ブラウン管テレビや、座椅子など明らかに風やカラスが運んだものではないゴミがたくさん出てきました。
今のところそのような不法投棄はなさそうですが、ゴミがゴミを呼ぶのを防ぐため、ご参加いただいたボランティアの皆さんにゴミを回収していただきました。

ボランティア活動の流れや作業の安全確認を行ったら、作業開始!
自転車でフェンス沿いの長い道のりを走りながら、落ちているゴミを回収しました。今回は普段より落ちているゴミが少なかったのが幸いでした。

フェンス沿いのゴミ拾いのあとは、「森の池エリア」の中に入って作業再開!
自転車で森の池を巡りながら、エリア内サイクリングコース沿いのゴミ拾いを行いました。

もちろん、森の池で普段活躍されている『森の池ボランティア』の皆さんも作業に参加してくれました!
自転車グループとは別働で、フェンス内側をどんどん進みながらゴミ拾いをしていただきました。(写真奥の方にいる緑色のジャンパーが分かりますでしょうか?)

これにて今回のプチボランティアは活動終了!ご参加いただいた皆様、ありがとうございました♪
きれいな公園は皆さんのご協力のもとで保たれています。引き続き、ゴミの持ち帰りにご協力をお願いいたします!
あと大事なのは荷物の管理です。公園ではトビやカラスがお客様の荷物を狙っています。食べ物が入っていなくても、荒らしてしまうのがカラス。目で判断するそうですよ。かばんのチャックも器用に開けます。
カラスに持っていかれたお菓子の袋や、食べ物と間違えたウェットティッシュなどが森の中でよく見つかります。手荷物から目を放さないようにお願いします♪
 

12月は「森の間伐」を予定しております。
ご興味ある方は、下記リンクをご覧ください。

★12/16(水)「プチボランティア~森の間伐&下枝切り~」
https://uminaka-park.jp/event/event560.html

  • 次の記事
  • 前の記事

BLOG&NEWS 一覧へ戻る