BLOG&NEWS | 福岡市東区にある自然豊かな国営公園

BLOG&NEWS

BLOG&NEWS 詳細

『森の池ボランティア』鳥の巣箱づくりにチャレンジしました!

ボランティアブログ

2021年02月20日

こんにちは!ボランティア担当のAです(^^)/
今回は、「森の池ボランティア」の皆さんと一緒に、先日行った活動をご紹介します!

 


森の池ボランティアでは、公園の東端に位置する『森の池』エリアをフィールドとして、
毎月のいきもの探し研修会や松林の保全作業など、様々な活動を行っています。

「第1回森の池生きものさんぽ」の活動報告はこちら
「第2回森の池生きものさんぽ」の活動報告はこちら
◎「第3回森の池生きものさんぽ」の活動報告はこちら
◎「第4回森の池生きものさんぽ」の活動報告はこちら
◎「第5回森の池生きものさんぽ」の活動報告はこちら

第1~3回の「森の池生きものさんぽ」の様子は、公園Youtubeチャンネルにてご覧いただけます!
動画を見れば、おうちから森の池を散歩した気分になれますよ~。ぜひご覧ください♪
○第1回森の池生きものさんぽの動画(Youtube)
○第2回森の池生きものさんぽの動画(Youtube)
○第3回森の池生きものさんぽの動画(Youtube)

 

2月11日(木)の活動では、森の池の野鳥たちのために、巣箱づくりにチャレンジしてみました!
まずは、設計書と材料をもとに巣箱を組み立ててみます。

巣箱の入口はドリルで穴を開けます。
ちなみに、穴のサイズによって、入ってくる鳥さんの種類も変わります。
【直径3cm】シジュウカラ・ヒガラ・ヤマガラなど
【直径5.5cm】ムクドリなど
巣箱づくり

パーツを組み合わせて完成!上部は、メンテナンスなどのために開閉できるようにしました。

こちらは、開口部が大きいタイプ。
セキレイやキビタキなどが住み着いてくれます。

完成した巣箱を設置しに森の池エリアへ出発!

まずは、森の池の中にある利活用拠点周辺で物件さがし。
鳥たちが住み着いてくれそうな環境を探し、その場所に巣箱を設置してみました。

場所を移動して、森の池ビジターセンターの周辺にも設置しました。

 

どんな鳥たちが巣箱を気に入ってくれるでしょうか?楽しみです。
森の池エリアにお立ち寄りの際は、森の中に設置した巣箱の様子をぜひ観察してみてくださいね♪
(森の池ボランティアからのお願い:
近くに人の気配があると、親鳥が巣を放棄することもあります。観察するときは、鳥たちを驚かさないように、静かに遠くから見てみましょう。)

【今回の小ネタ】
動中、散策路の上に鳥を発見!
観察するためにみんなでゆっくり近寄りますが、いくら近づいても逃げません。この鳥はいったい・・・?

その正体は、松の皮でした(笑)
あまりにも似ていたため、誰も皮だと気がつきませんでした。

 

《「森の池ボランティア」随時メンバー募集中!》

生きもの好きやマツ林の管理に興味がある方にオススメです。
まずは見学をしてみませんか?お気軽にお問い合わせください♪

【お問い合わせ】
海の中道管理センター市民交流係 電話092-603-1111

  • 次の記事
  • 前の記事

BLOG&NEWS 一覧へ戻る