BLOG&NEWS | 福岡市東区にある自然豊かな国営公園

BLOG&NEWS

BLOG&NEWS 詳細

第7回森の池生きものさんぽ

ボランティアブログ

2021年06月23日

昨年度スタートした登録ボランティア「うみなかフレンズ」の1グループ「森の池ボランティア」、活動2年目となりましたが、引き続き「森の池生きものさんぽ」を通じてどんな生きものがいるか、調査しながらエリアの魅力を発見、お届けしていきたいと思います。

↓過去の生きものさんぽの様子はこちら↓

「第1回森の池生きものさんぽ」の活動報告はこちら

「第2回森の池生きものさんぽ」の活動報告はこちら

◎「第3回森の池生きものさんぽ」の活動報告はこちら

◎「第4回森の池生きものさんぽ」の活動報告はこちら

◎「第5回森の池生きものさんぽ」の活動報告はこちら

◎「第6回森の池生きものさんぽ」の活動報告はこちら

さて、6月20日まで臨時休園中でしたが、登録ボランティアの活動は引き続き実施しておりました。
森の池ボランティアの皆さんにも、松林の手入れや松葉の堆肥ますの管理などなど休園中もお手伝いいただいておりました。
ボランティア研修「森の池生きものさんぽ」も、5月下旬に実施いたしました。

今回のテーマは鳥。日本野鳥の会福岡支部の田村さんに2回目の講師に来ていただきました♪
この時期は子育てのシーズンでいろいろな鳥が子育てをしているが、カラスを観察しているといろいろな鳥とのつながりが分かると教えていただきました。
身近な鳥から他の鳥を観察するのきっかけになるんですね。

開始前からすでに10種の野鳥を観察されていた田村さんとともに森の池を散策しました。

鳥がテーマといえど、いろんなものに興味津々の森の池ボランティアメンバー。早速発見したのはキノコでした。

植物にも関心があります。スイカズラの花が咲いていました。

ツル植物です。名前の由来は蜜を吸うからだそうです。

森の池エリアは常緑のマツが多いので鳥の姿を確認するのがなかなか難しいのですが、今はさえずりのシーズン。
声を頼りに鳥の姿を探します。
クロマツのてっぺんで鳴いている鳥を発見!望遠鏡で覗いてみると…

ホオジロでした。(写真:田村さん提供)
とても良い声で鳴いていたホオジロ。このように鳴くのはなわばりを主張したり、異性へのPRだそうです。

鳴き声を言葉に置き換えたものを「聞きなし」といいます。
ホオジロの聞きなしは「一筆啓上仕り候(いっぴつけいじょうつかまつりそうろう)」と図鑑にありました。
「イッピツ…●×△×~○□~」出だしはそれらしく聞こえますが後半はかなり怪しいです。そしてもっと短い?

田村さんによると、ホオジロの聞きなしは「サッポ○ラーメン、みそラーメン」というのもあるそうです。
※商品名に似ているので伏字にしています
鳥にもいろんな鳴き方があったり、地域性もあるので、聞きなしのように聞こえないのもしばしば。
自分が聞いて思った言葉に置き換えればいいんだよと教えてもらいました。

どう聞こえるか、Youtubeの動画にのせていますので確認してみてください♪(URLは一番下のほうです)

 

ホオジロに続いて、森の池で必ず出会えるのが、トビ。

(写真:田村さん提供)

トビといえば、カラスと一緒に公園ではお弁当を狙ってくる厄介者…。
もしかしたら過去に面白半分で餌をやった方がいて、それで味をしめたのかもしれません。
もともとトビは生きているものは狩らず、浜辺に打ち上げられた魚など死んだ生きものを餌にしており、浜辺のお掃除屋さんといわれています。
手に持ってるサンドイッチやおにぎりも、いつの間にかトビに奪われます…!
トビやカラスと共存をめざして、公園でお弁当を食べる際は周囲にご用心ください。

本題に戻りますが、森の池にはそんなトビたちの巣がたくさんあります。今確認しているだけでも6か所。そのうち3つの巣で今年は子育てをしていました。
今回の生きものさんぽの時には雛の姿は見えませんでしたが、一週間前はこんなでした。


ふわふわの雛が♪親子でこちらを見て様子をうかがっています。
種類によっては親鳥が子育てを放棄する場合もあるそうなので、観察するときは近づきすぎないようにするのがコツ?です。

とはいえ、いろんな鳥がいて、中にはとても人に慣れている鳥もいます。
以下の写真は、びっくりな場所に巣を作ったハクセキレイの雛です。どこだかわかりますか?

なんと、公園の管理車両のフロントバンパー中でした!
駐車場をハクセキレイがうろうろしていたのは知っていましたが、まさかこんなところに巣があるとは…。巣には雛が3羽いました。
まったく気づかず園内に乗って行ったら、車の中から「ピーピー」鳴き声がして初めて気づきました。
臨時休園中で車の使用頻度は減っていたとはいえ、何度も園内に乗って行ったし、所用で園外まで行ったこともありました。
車を定位置に戻したら親鳥が中に入っていきました。午前・午後と園内で活動していたのでさすがにおなかが減ったのでしょうね。
気づいてからは車を動かさないようにし、数日後に無事巣立ったようです。よかった~!

 

以上、「森の池の生きものさんぽ(テーマ:鳥)」と、休園中の鳥にまつわる出来事でした。
今回の生きものさんぽの様子は、公園Youtubeチャンネルにてご覧いただけます!
https://www.youtube.com/watch?v=FaSRopIQXUE&list=PLQylFC-UJcK1heF1nhKszZRSC7z855gkE&index=1

これまでの「森の池生きものさんぽ」の様子は森の池生きものさんぽ(再生リスト)からどうぞ。
https://www.youtube.com/playlist?list=PLQylFC-UJcK1heF1nhKszZRSC7z855gkE

 

《「森の池ボランティア」随時メンバー募集中!》
生きものさんぽ以外にも、マツ林のお手入れや、松葉の堆肥作りに挑戦しています。
環境学習イベントも運営します♪興味がある方、まずは見学をしてみませんか?お気軽にお問い合わせください♪
【お問い合わせ】海の中道管理センター市民交流係 電話092-603-1111

  • 次の記事
  • 前の記事

BLOG&NEWS 一覧へ戻る