BLOG&NEWS | 福岡市東区にある自然豊かな国営公園

BLOG&NEWS

BLOG&NEWS 詳細

7月31日みんなで観察カスミサンショウウオの世界!レポート

公園ブログ

2021年08月24日

現在、臨時休園中です。

7月31日にマリンワールド海の中道様との連携で実施した「みんなで観察!カスミサンショウウオの世界」のイベントレポートをお届けします。ちなみにマリンワールドは開館してます。詳しくはホームページをご参照ください。https://marine-world.jp

さて、このイベントはマリンワールドさんが園内で域外保全しているカスミサンショウウオを子どもたちに見てもらおうと、昨年から実施しています。
域外保全とは簡単にいうと、公園の近くのとある場所で残念ながら数が減ってきているカスミサンショウウオを、宅地開発などの心配のない公園内で保全する取り組みです。このカスミサンショウウオたちは、遺伝子検査をして、もともとこの辺りにいたやつですよ、と確認済みのやつです。

今年は、昨年観察したカスミサンショウウオの卵を水族館で孵化させて育てたお子様たちを、飼育枠に放してもらいました。
スタッフの皆さんが餌を口の近くまで持っていき給餌するという大変なお世話をして大きくなった子どもたちです。

まずはカスミサンショウウオについて水族館のスタッフの方に教えてもらいました。

それから飼育枠を住みやすい環境にするために子どもたちに落ち葉を投入してもったり、湿らすためにジョウロでお水もまいてもらいました。

最後にカスミサンショウウオを放しました。がんばって生きるんだよ〜!

近くで見たカスミサンショウウオの子ども、可愛かったですね♪

また、池での生き物探しも行いました。あいにく日照り続きで水が激減。写真を見てもどこに池があるかわかりませんね(^^;
みんなでぬかるみに入って探しました。狭い中頑張って探してくれてありがとう♪大きいお兄ちゃん、お姉ちゃんたちはマリンワールドさんが用意した子ども用胴長を着てがんばってくれました。

水は少なかったものの、水生昆虫や、カエルのオタマジャクシなど、いろいろ見つかりました。

捕まえた生き物は室内でこれまた水生昆虫に詳しいマリンワールドのスタッフさんにいろいろ教えてもらって観察しました。
みんな興味津々です。生き物好きが増えているように感じるこの頃。スタッフも嬉しいです。

捕まえた生き物は終了後、また元の場所に戻しました。
(公園では動植物の採集は禁止されてます。ペット等の放流も禁止です)

身近な場所でちょっと探したら出会えるくらい、カスミサンショウウオが増えるといいですね。
立派に育ちますように!

  • 次の記事
  • 前の記事

BLOG&NEWS 一覧へ戻る