BLOG&NEWS | 福岡市東区にある自然豊かな国営公園

BLOG&NEWS

BLOG&NEWS 詳細

8月1日プチボランティア松林のお手入れレポート

ボランティアブログ

2021年09月02日

8月6日から臨時休園となり、現在イベントや一般募集のボランティア活動もお休み中ですが、8月1日に実施したプチボランティア「松林のお手入れ」の様子をお届けします。

昨年新たにオープンした森の池の西側の松林で、市民の皆様や登録ボランティアの森の池ボランティアのメンバー、森の池利活用協議会のメンバーにご協力いただきながら、松林のお手入れをすすめてきました。

今回取り組んだのは、ハリエンジュ(ニセアカシア)の伐採です。ハリエンジュはもともと蜜源や緑化木として外国から人が持ち込んだものだそうです。春に白い花を咲かせ、とても良い香りのする樹木ですが、繁殖力が強く、近年は目的外の場所でもたくさん見られるようになりました。
お手入れをすすめているエリアの管理方針でもハリエンジュをはじめとする外来種の駆除が挙げられており、また6、8、10月の3回伐採するとハリエンジュの樹勢が弱まるという研究結果もあり、今回実施しました。
ちなみに1回目の6月は臨時休園中でしたので登録ボランティアと有志スタッフのみで実施しました。

当日はちょっと怪しいお天気予報でしたが、松林の中での活動である程度雨をしのげることと、上記理由で8月に実施したかったため、強行させていただきました。結果としては、雨も上がり、暑いくらいの晴天でしたね…。
雨具を用意してご参加くださった皆様ありがとうございました!


名前から想像できるように、ハリエンジュには棘があります。柄の長い太枝切りばさみで棘に気をつけながら根元から切っていきます。
6月にこのエリアのハリエンジュは一度伐っていますが、伐った株からまたたくさん萌芽していました。

砂地のところで、まだ細いものは頑張れば抜けました。3回伐るより確実ですね。

抜いたハリエンジュを見ると、地下茎で他の株と繋がっているものもありました。
地下茎でも増えるとは…!繁殖力すごいですね。

次回は10月にまた実施したいと思います。
ご参加いただいた皆様、いつもサポートしてくれる森の池ボランティア、森の池利活用協議会の皆様ありがとうございました!

このような活動に興味のある方は、登録ボランティアの森の池ボランティア、また団体様は森の池利活用協議会メンバーも随時募集中です。
詳しくは海の中道管理センター市民交流係までお問い合わせください。
電話092-603-1111(臨時休園中は平日のみつながります)

  • 次の記事
  • 前の記事

BLOG&NEWS 一覧へ戻る