BLOG&NEWS | 福岡市東区にある自然豊かな国営公園

BLOG&NEWS

BLOG&NEWS 詳細

見上~げてごらん~♪

動物の森ブログ

2021年10月22日

今回のブログは、

プレーリードッグに対する環境エンリッチメント(動物の飼育環境を豊かにする方法)の取り組みを

紹介させていただきたいと思います。

 

 

本来野生の草食動物はエサを探す事・食べる事に多くの時間を費やすので、

飼育下の動物たちは少しばかり時間が余りがちになってしまいます。

 

そこで今回はプレーリードッグ達に『ご飯の時間を長くしてもらおう!大作戦』と題し、

写真のようなエサ入れ(白い容器)を設置してみる事にしました。

この容器には底に穴が開いており、揺らすとエサとなるペレットが落ちてくる仕掛けとなっています。

   ※フラッシュ有り・無しで写真を撮ってみましたが、上手く写りませんでした…(涙)

 

 

この手法に何か見覚えのある方はいらっしゃるでしょうか?

そうです!

実はフサオマキザルの島にも同じものがあるんです!

  ※↓詳しくはこちらをご一読ください

   NEWS&BLOG一覧 | 福岡市東区にある自然豊かな国営公園 (uminaka-park.jp)

 

 

・・・ということで、エサとなるペレットを入れて始めてみましょう!

 

まずは周辺にペレットを少量撒き、興味を持ってもらいます。

 

うまく食い付いてくれました。あとは揺さぶることを覚えてくれれば・・・

 

ん?何やら怪しげな動きをしている様ですね?

 

どうやらエサ入れに繋げているワイヤーが気になり齧っている様です。

結局初日となるこの日は揺さぶるような動きもなく、段々と離れて行ってしまいました。

 

 

 

ブログ上ではこれにて終了となりますが、

いつの日にかプレーリードッグがエサ入れを揺さ振る姿が見る事ができるかもしれません。

その日がいつ来るのかは分かりませんが、それまで根気よく続けてみようと思います!

 

 

 

  • 次の記事
  • 前の記事

BLOG&NEWS 一覧へ戻る