BLOG&NEWS | 福岡市東区にある自然豊かな国営公園

BLOG&NEWS

BLOG&NEWS 詳細

11月29日「日本振興株式会社 九州支店」様 ボランティア活動レポート

ボランティアブログ

2021年11月29日

みなさんこんにちは!ボランティア担当スタッフです。
当公園では、年間を通じて企業・団体様のボランティア活動の受け入れを行っており、公園内での様々な活動にご協力いただいております。
11月29日(月曜日)、日本振興株式会社 九州支店 様に、「環境共生の森」にて植樹エリアの下草刈り作業を行っていただきました。

公園の東側に位置する環境共生の森(愛称:みらいの森)では、市民の皆様と一緒に2009年から約20年かけて毎年約2,000本を植樹し、50年かけて森をつくる取り組みを行っています。
今回の作業場所は2020年に植樹を行ったエリアで、どんぐりが成るスダジイという木をメインに、志賀島の植生をモデルとした約20種類の苗木を植えています。
その苗木は、植えた後に何もせずに育つわけではなく、様々な管理作業が必要となります。
そのうちの一つが「下草刈り」で、下草刈り作業を行うことにより、苗木に光が当たるようになり、生長を促すことが出来ます。

まずは、公園の登録ボランティア「環境共生の森サポート・ボランティア」より、森づくりの紹介や下草刈りの作業方法などを説明しました。

説明を聞いたら、作業開始!
この時期はセイタカアワダチソウが名前の由来である綿毛を付ける時期で、抜き取るたびにワッと綿毛が飛び散るため作業が大変でした…。
その他、アレチハナガサやタカサゴユリ、クズなどの雑草が繁茂していましたが、きれいに除草して頂きました。

ちなみに、刈り取った草はその場に置いておきます。
刈った雑草が地面をカバーすることで、雑草の抑制や土壌の水分保持に役立てることが出来ます。

活動を始めて約1時間で、予定エリアの草刈りを完了することが出来ました!
日本振興株式会社 九州支店の皆さま、ご協力いただきありがとうございました♪

今回の活動は森づくりということで、SDGsの17のゴールの内、「15陸の豊かさも守ろう」にあたる活動です。
草刈り作業は、苗木がしっかり生長するまで続きます。またよろしければご参加お待ちしています♪

★海の中道海浜公園ではSDGsに取り組む企業様のボランティア活動を応援しています。
興味のある方は管理センター市民交流係までご連絡ください。電話092-603-1111
詳しくはボランティア活動の紹介ページをご参照ください。(ページの一番下の方です)

https://uminaka-park.jp/vol/

  • 次の記事
  • 前の記事

BLOG&NEWS 一覧へ戻る