BLOG&NEWS | 福岡市東区にある自然豊かな国営公園

BLOG&NEWS

BLOG&NEWS 詳細

カ~ラ~ス~♪

動物の森ブログ

2018年01月29日

カ~ラ~ス~♪

なぜ鳴くの~♪

 

仲間を呼んでるの~♪

『かぁーかぁーかぁー!!』

動物の森に鳴り響くカラスの声

その声を合図にたくさんのカラスたちがいっせいに集まってきます

 

狙いはそう・・・

飼育している動物たちのエサ!

いろんな動物たちのエサを平然と何でもかんでも横取りしていきます

ラマ

カンガルー

リスザル

水鳥

フサオマキザルなどなど

飼育員がいてもお構いなし

(注意:決して動物の森でカラスを飼っているわけではありません!!!!!)

ここまで食わず嫌いのないことには思わず感心してしまいます(笑)

 

しかし、このまま黙って動物たちのエサを取られるわけにはいかない!

特にひどいのはフラミンゴの展示場

ひとたび給餌すれば、またたく間にカラスたちが飛来してきます

 

これだけの数集まってくると肝心のフラミンゴたちが十分エサを食べられなくなってしまいます

ここで担当者が考えたのは、エサ入れ容器の改良

これまではエサを池に浮かべ、カラスの届かないところで給餌していましたが、

しぶといカラスは水深ギリギリのところまで水に浸かりながら食べたり、食べ残しが池の淵に流れ着くまで持ってることも

なので、今度はフラミンゴの特徴でもあるこの長い首を考慮して、深みのあるバケツで給餌してみました

 

フラミンゴのエサは水でふやかして、給餌するので、バケツの淵から30cm以上離した高さに水を張ってエサを浮かべました

すると、淵にカラスは止まれど浮いたエサの高さまでクチバシが届きません

それを横目にフラミンゴたちは何の苦もなく長い首を使ってエサを食べることができます

これに懲りたのか、フラミンゴに給餌する際のカラスの数が格段に減りました

 

カ~ラ~ス~♪

なぜ泣くの~♪

ごはんに届かない~♪

 

と、しめしめと思う飼育員なのでした(笑)

BLOG&NEWS 一覧へ戻る