BLOG&NEWS | 福岡市東区にある自然豊かな国営公園

BLOG&NEWS

BLOG&NEWS 詳細

冬のガンカモ調査を実施しました

ボランティアブログ

2019年01月16日

毎月1回、園内で野鳥の調査活動をしてくれている野鳥ボランティアさんたちですが、冬は渡り鳥のシーズン到来!ガンカモ調査というのを年1回実施してくれています。決められた期間内に、ガンカモ類の種類と数を調査します。

まずは毎月の調査ポイントの一つでもある博多湾側から。ヒドリガモ、ホシハジロ、ミサゴ、カワウなどがいました。

 

園内に移動し、シーサイドヒルシオヤから玄界灘側の調査。

野鳥ボランティアさんは海を見るなり「たくさんいるね」とおっしゃったのですが、同行したスタッフにはどこにいるのかさっぱりわかりませんでした・・・。ボランティアさんたちは、さすがです!目がいい!

望遠鏡でシオヤ岬の沖にたくさんの鳥がいるのを確認できました。オオハムとウミアイサなどをみることができました。白波の立つ荒れた波間にはクロガモの姿も。たくましいです。

次は園内の野鳥スポット、その名も「野鳥の池」に移動して調査です。

野鳥の池にはこのように観察スポットが設けられています。身をかくしながら、小窓から観察ができます。
野鳥の池にはパンダガモの愛称があるミコアイサや、マガモ、オオバン、バン、ホシハジロなどがいました。

今回はちょっと少なかったようです。

この後は毎月調査をしているカモ池に移動して調査をしていただきました。

寒い中長時間お疲れ様でした!

 

公園では、2月3日に「カモの観察をしよう!」という催しをします。

室内で楽しくカモについて学んでから、カモ池にて観察します。ぜひご参加お待ちしています!

詳しくはイベントページをご参照ください。

BLOG&NEWS 一覧へ戻る