BLOG&NEWS | 福岡市東区にある自然豊かな国営公園

BLOG&NEWS

BLOG&NEWS 詳細

博多女子高校インターアクト部による「白砂青松ボランティア」を実施しました。

ボランティアブログ

2020年02月22日

当公園で実施している"うみなか白砂青松ボランティア活動”は、玄界灘に面した海岸沿いのクロ松林の保護・育成と、美しい白砂青松の風景を守るため、地域企業や市民団体などと協力して行う取り組みです。

団体ごとにエリアを決めて複数回活動を行っていただいております。

今回ご紹介する博多女子高等学校のインターアクト部の皆さんも、昨年の9月より毎月1回、潮見台の通路両側のマツ林で松葉かき・下草刈り・清掃、さらにマツの苗木を植えた場所の除草など行ってきました。

2月22日(土)の活動では、朝方まで雨が降っていたにもかかわらず、生徒13名、先生2名、合計15名が参加していただきました。
まずは、「白砂青松」の白砂の部分、海岸清掃から開始!潮見台周辺のゴミを拾います。
ボランティア清掃活動作業風景
広い砂浜のゴミ拾いは大変でしたが、たった一時間の作業でも、見違えるようにきれいな砂浜になりました!
(左画像:清掃作業前、右画像:清掃作業後)
ボランティア清掃活動作業前 ボランティア清掃活動作業後

続いて、「白砂青松」の青松の部分、マツ林のお手入れを実施しました。

林の下には松葉がたくさん堆積しているのですが、松葉を掻いてお掃除をしてあげることにより、
健全なマツ林を維持することができます。

また、マツ林内にある木柵に絡み付いているツル取り作業も行いました。
高校生の皆さんは、今回で4回目の活動。
手馴れた手つきで作業を行っていただきました。ホントに頼もしい!!

こちらもツルを取り除いたことで、すっきりした景観になりました。
(左画像:清掃作業前、右画像:清掃作業後)
 

博多女子高校インターアクト部の皆さん、お疲れ様でした!ありがとうございました♪
潮見台のお立ち寄りの際は、きれいになった海岸やマツ林をぜひご覧ください!

BLOG&NEWS 一覧へ戻る