BLOG&NEWS | 福岡市東区にある自然豊かな国営公園

BLOG&NEWS

BLOG&NEWS 詳細

手乗り奮闘記(第10章)

動物の森ブログ

2020年04月30日

昨今、ろくに外にも出れない日が続いてますね

日々のニュースを見ていても、あまり明るいニュースってのは無いもので、気が滅入りそうになります

 

でも、そんな一方で動物の森では朗報があります

前回の『手乗り奮闘記』から紹介していますが、現在インコたちは恋の季節を迎えています

そう繁殖期です

あれから順調にペア同士で卵を産んでくれました

 

この時期になると

メスは一日中卵を温め続け、オスは巣の外で見張りをしながら、エサを蓄え

卵を温めているメスに口移しにエサを運びます

『親』という字はの上にってる』と書きますが、

四六時中、止まり木から我が子を見守るその姿たるや、まさに親そのものだなぁと感動します

 

しかし、

そうやって大事に大事に温めている卵でも、中には無精卵と有精卵があります

もちろん無精卵からは雛は孵りません

なので数日後に卵を検卵(光を当てて中の様子を確認)します

無精卵の場合はこのように黄身だけが見えるだけですが、

有精卵の場合はこのようにうっすらですが、血管が伸びて心臓が動いているのがわかります

これが雛になる第一歩となるわけです

 

ここから更に1週間ほど経つと、

より血管が太く卵全体に伸びて、胚(雛となる本体)もくっきりと確認できます

 

この調子でいけば、新たな生命が産まれる日もそう遠くないはず、、、

 

まだ開園には時間がかかりそうですが、

いち早くこの事態が終息して、またみなさんに元気な動物たちをお見せできること願っています

もう少しの辛抱です!がんばりましょうね

 

、、、to be continued

  • 次の記事
  • 前の記事

BLOG&NEWS 一覧へ戻る