自然体験・環境学習 | 福岡市東区にある自然豊かな国営公園

自然体験・環境学習

  • 環境共生の森
  • 森の池
  • 森の家
  • いこいの森
  • 野鳥の池

環境共生の森
(みらいの森)

  • 環境共生の森(愛称:みらいの森)は、「ゼロからの森づくり」をコンセプトに、地域の皆さんと公園との協働で、長い年月をかけて森を育てていこうとしているエリアです。
    苗木を植えた子どもたちが、森の成長と共に大人になって、その子どもたちが森づくりを受け継いで育んでいくという、森づくりの考え方に基づき、未来に伝えていく森、未来に向けて創っていく森という意味を込め「みらいの森」と呼んでいます。
    今はまだまだ小さな森ですが、10年、20年と森づくりを続け、数十年後には地域に愛される大きな森になることを目指し活動しています。

  • 最寄入口 光と風の広場口
    最寄駐車場 光と風の広場駐車場

森づくりの考え方

平成22年3月20日に新規開園し、地元の小学生や、市民ボランティアの皆様のご協力で、毎年約2,000本の苗木の植樹を続けています。
草も木も、動物もいない、何もないところからスタートした“みらいの森”の森づくりですが、少しずつ木々も成長し、昆虫や野鳥などさまざまな生き物も観察できるようになりました。

成長する“みらいの森”

平成22年3月20日に新規開園し、地元の小学生や、市民ボランティアの皆様のご協力で、毎年約2,000本の苗木の植樹を続けています。
草も木も、動物もいない、何もないところからスタートした“みらいの森”の森づくりですが、
少しずつ木々も成長し、昆虫や野鳥などさまざまな生き物も観察できるようになりました。
今では、植樹などのもりつくり活動を続けながら、成長する自然や里山を活かした
自然体験プログラム「みらいの森体験塾」を開催し、
家族で楽しみながら自然を学び体験できるフィールドとして活用しています。
  • 森づくり(植樹)
    森づくり(植樹)
  • 収穫体験
    収穫体験
  • 生き物の観察会
    生き物の観察会
  • 草木染体験
    草木染体験

ボランティアによる森づくり

みらいの森での植樹や下草刈りなどの森つくり活動は、一般より募集する市民ボランティアや企業・団体等によるボランティアのほか、年間を通して活動している「環境共生の森サポート・ボランティア」メンバーの協力により行われています。「環境共生の森サポート・ボランティア」は、みらいの森の開園時から活動を続け、自然体験プログラム「みらいの森体験塾」の運営サポートや、田畑の農作業も行い、「環境共生の森をより魅力的にするためのパートナー」としてみらいの森の成長をサポートしています。

森の池

  • 2020年5月にオープンした、公園の東側に広がるエリア(約50ha)です。
    海の中道は海流の堆積作用により砂が運ばれてできた砂州であり、白い砂浜の上に青々とした松が育ち、「日本の白砂青松100選」に選ばれています。中でも森の池には、まとまったクロマツ林があり、様々な動植物が生息・生育しています。さらに、数年に一度、大雨が降った後に現れる「幻の池」のような不思議な環境も残っています。
    マツを中心とする木々に囲まれた心地よい空間の中で、サイクリングや散策をお楽しみください。

  • 最寄入口 光と風の広場口
    最寄駐車場 光と風の広場駐車場
森の池 エリアマップ
  • 森の池入口
    森の池入口
  • 松林サイクリングロード
    松林サイクリングロード
  • ビジター拠点
    ビジター拠点
  • 利活用拠点
    利活用拠点

幻の池

大雨の後に地下水位の上昇によって、エリアの中央部に不定期に現れる「幻の池」。幻想的な風景が広がる不思議な空間です。

  • 普段の景色

    普段の景色

  • 幻の池出現時

    幻の池出現時

白砂青松

大きな空と真っ白な砂丘、青々とした松林が広がる開放的な空間です。
クロマツのほか、フランスカイガンショウというマツも見られます。

  • 松と砂

  • マツボックリ

ボランティアによるマツ林の保全

マツ林の保全をはじめとする森の池エリアでの各種ボランティア活動は、一般より募集する市民ボランティアや企業・団体等によるボランティアのほか、森の池エリアのオープンとともに新たに立ち上げた「森の池ボランティア」メンバーの協力により行われています。「森の池ボランティア」は、森の池でのイベント運営や企業・団体等ボランティア活動のサポート、さらには、森の池の自然について調査など、多岐に渡り活躍されています。

  • 森の池ボランティア活動

  • 森の池ボランティア活動

森の家

マツボックリやドングリ、剪定枝など、園内で採れた自然の材料を使って工作体験を楽しむことができます。
木工作が無料で楽しめ大好評です。

令和2年度より、6月及び 11月~2月は、森の家は休館いたします。

  • 利用時間 受付は、閉園時間の2時間前まで
    6月及び11月~2月は休館。
    利用料金 無料(入園料別)
    最寄入口 西口・西サイクリングセンター口
    最寄駐車場 西駐車場
    • 小学4年生以下のお子様は、保護者の付き添いが必要です。
    • 10名以上の団体利用の場合は、事前申込が必要です。(平日のみ、土日祝日は 予約不可)
    • 団体利用のお申し込みは、団体で楽しむのページをご覧ください。
    • 2020年7月1日から買い物袋有料化に伴い、CO2削減・環境保全の観点から、作品を持ち帰るための箱や袋は配布しておりませんので、各自にてご準備ください。

いこいの森

クロマツ林や湿地の中に遊歩道が作られ、豊かな自然の中を散策しながら森林浴ができます。
森の家を出発地として、いこいの森を探検する散策セルフプログラム「トレジャーハンティング」を楽しむことができます。(参加費無料)
  • 最寄入口 西口・西サイクリングセンター口
    最寄駐車場 西駐車場
    近くの設備 森の家(トイレ・多目的トイレ・授乳室・ベビーシート)

野鳥の池

  • 2カ所の観察舎からバードウォッチングが楽しめ、年間を通じてさまざまな野鳥を観察することができます。
    季節によって海を越えてやってくる渡り鳥や、一年中同じ地域で暮らす留鳥など、野鳥といっても種類は色々です。
    双眼鏡を持参して、野鳥を探してみましょう。

  • 営業時間 西口・西サイクリングセンター口
    最寄入口 西駐車場

野鳥の池

野鳥の池

観察できる鳥(一例)

  • カルガモ
    カルガモ
  • カンムリカイツブリ
    カンムリカイツブリ
  • ホシハジロ
    ホシハジロ
  • マガモ
    マガモ
  • ミコアイサ
    ミコアイサ

その他のおすすめ野鳥観察スポット

光と風の広場エリアにあるカモ池では、冬場、多くのカモが飛来してきます。
野鳥観察スポット

自然体験・環境学習

すべてのイベントを見る

  • 公園Blog 園内のさまざまな情報を配信中!
  • 公園Blog 園内のさまざまな情報を配信中!
  • facebook
  • instagram
  • youtbe
  • 海の中道海浜公園全体マップ
  • デイキャンプ場予約システム
  • マリーンワールド海の中道
  • 海の中道マリーナアンドテニス
  • 海の中道青少年海の家
  • 吉野ヶ里歴史公園
  • Shikanosima-Uminonakamichi Cycle Tourism
  • 防災ポータルサイト 九州防災情報
  • ルイガンス・スパアンドリゾート
  • 公園事務所情報
  • 海の中道海浜公園全体マップ
  • デイキャンプ場予約システム
  • マリーンワールド海の中道
  • 海の中道マリーナアンドテニス
  • 海の中道青少年海の家
  • 吉野ヶ里歴史公園
  • Shikanosima-Uminonakamichi Cycle Tourism
  • 防災ポータルサイト 九州防災情報
  • ルイガンス・スパアンドリゾート
  • 公園事務所情報
  • 海の中道海浜公園全体マップ
  • デイキャンプ場予約システム
  • マリーンワールド海の中道
  • 海の中道マリーナアンドテニス
  • 海の中道青少年海の家
  • 吉野ヶ里歴史公園
  • Shikanosima-Uminonakamichi Cycle Tourism
  • 防災ポータルサイト 九州防災情報
  • ルイガンス・スパアンドリゾート
  • 公園事務所情報
  • 海の中道海浜公園全体マップ
  • デイキャンプ場予約システム
  • マリーンワールド海の中道
  • 海の中道マリーナアンドテニス
  • 海の中道青少年海の家
  • 吉野ヶ里歴史公園
  • Shikanosima-Uminonakamichi Cycle Tourism
  • 防災ポータルサイト 九州防災情報
  • ルイガンス・スパアンドリゾート
  • 公園事務所情報